クロムハーツの歴史~国内編~

 

~幕開け~

日本で初めてクロムハーツ(CHROME HEARTS)の正規代理店が登場したのは、クロムハーツ設立の2年後である1990年のこと。岩手県盛岡市にあるセレクトショップ、「ガルフ インテレクチュアルギャラリー」(GALF Intellectual Gallery)でした。岩手県というロケーションでありながらも、商品のラインナップは当時ニューヨーク店に続いて世界第2位、もちろん国内ではトップの取扱い数を誇り、当時は「クロムハーツの聖地」とも呼ばれていました。また、リペアは無料、カスタムも自由にできるショップとして有名でした。

そして1991年には、コムデギャルソン(COMME des GARCONS)が一時的に代理店となってクロムハーツを紹介。その時にリチャード・スタークは、パリで開催されたコムデギャルソンオムプリュスの1991年春夏コレクションショーにも出演しています。

~拡張~

さらにその翌年、1992年には国内有数のセレクトショップ、ユナイテッドアローズが正式に取扱いをスタート。1997年には実験店として、国内初のクロムハーツ専門の「UTICA」(リチャード・スタークの生まれ故郷の名前に由来)がユナイテッドアローズ原宿本店前にオープンします。

その後は、1999年12月にはクロムハーツ東京「CHROME HEARTS TOKYO」が南青山に、2001年には実験店であった「UTICA」が「CHROME HEARTS HARAJUKU」としてリニューアルされた他、大阪店「CHROME HEARTS OSAKA」もオープン。2008年には名古屋店「CHROME HEARTS NAGOYA」、福岡店「CHROME HEARTS FUKUOKA」がオープンした他、日本における第一の旗艦店でもあったクロムハーツ東京が、大々的にリニューアルされました。

その後もさらに、2010年には銀座店「CHROME HEARTS GINZA」、2011年に神戸店「CHROME HEARTS KOBE」、2013年に梅田店「CHROME HEARTS UMEDA」、2014年に福岡店「CHROME HEARTS FUKUOKA」がオープン(旧CHROME HEARTS FUKUOKAはCHROME HEARTS HAKATA DAIMARUに改名)、その店舗数を順調に伸ばしていきます。

~変革~

ユナイテッドアローズとの事業拡大が続いたその一方で、日本初のクロムハーツ正規代理店であったインテレクチュアルギャラリーは、2012年をもって、クロムハーツとの契約を解消、取扱いを終了しました。この事実は古くからクロムハーツを愛した日本人ファンに大きな衝撃を与えました。

また長きに渡って二人三脚で歩んできたクロムハーツとユナイテッドアローズも、現在のクロムハーツ事業を創業者であるリチャード・スタークに8年間かけて完全譲渡することとなりました。どのような理由によるものかは発表されていませんが、ユナイテッドアローズの取締役社長が代表を務める新会社「CHROME HEARTS JP 合同会社」を設立し、2016年10月1日付けで簡易吸収分割によってクロムハーツ事業の権利を同会社に継承。そしてその会社から複数回に分割して、リチャード・スタークが運営する「CH Holding Company」へと譲渡されることとなりました。これは、1999年に締結したライセンズ契約が2016年9月いっぱいで満了するタイミングに合わせて行われるもので、2024年12月末までに段階的に進められるとされています。

これによって、日本国内で正式にクロムハーツを取り扱う代理店はなくなることになります。

日本という国は、その店舗数から見てもクロムハーツにとって世界屈指のマーケットであることは間違いありません。ビジネス視点で見ても、今後のクロムハーツの動向から目が離せません。

ARCHIVES